パラクロスカントリースキー新田 佳浩「競技者として新たなステージへ」

パラクロスカントリースキー新田 佳浩「競技者として新たなステージへ」

パラクロスカントリースキー新田 佳浩「競技者として新たなステージへ」

エージェント プレゼンテーション

[Be ambitious!アスリートエージェント]

Be ambitious!参加理由

年齢とともにできないこと。できなくなってしまうこと。を自分自身で納得して諦めてしまいがちです。けれど、脊髄を損傷してもう1度立って歩く。という誰もが考えないことへのチャレンジに感銘を受けました。そして私自身もどこかでいろいろなことに対して言い訳をしていたのではないかと感じ、競技者として新たなステージに上がることで、Be ambitious!の活動に貢献できればと思ったからです。

パラクロスカントリースキー新田 佳浩「競技者として新たなステージへ」

活動説明

パラリンピックは多くの方に認知されてきている言葉ですが、実際に行っている様子やバックグラウンドなどまだまだ知られていないのも事実です。私が行っているパラクロスカントリースキーは、雪原を肉体の限界まで追い込む非常に過酷な競技ですが、普段感じることのできない無音の世界。肉体と地球が一体になった感覚。そして雪の踏みしめて進む楽しさがあります。
競技者として限界まで追い込む姿を見てもらうだけでなく、生涯スポーツとしてできることがこのクロスカントリースキーでもあります。

パラクロスカントリースキー新田 佳浩「競技者として新たなステージへ」

活動実績

1998年長野パラリンピックから2018年平昌パラリンピックまで6大会連続で出場しています。2010年バンクーバーパラリンピックでは日本チーム主将として2つの金メダルを獲得しました。ソチパラリンピックでは4位とメダルに届かなかったものの、平昌パラリンピックでは金メダルを含む2つのメダルを獲得しました。

パラクロスカントリースキー新田 佳浩「競技者として新たなステージへ」

パラクロスカントリースキー新田 佳浩「競技者として新たなステージへ」

Thanks Page

エージェント紹介カテゴリの最新記事